| HOME | コトハナセミナーとは | カリキュラム | スケジュール | 講師の紹介 | お申し込み | 公式ブログ | お問い合わせ |

<< コトハナセミナー 大阪第90クラス 第2講「恐れと劣等感をなくす」 | 最新の日記 | コトハナセミナー東京第36クラス 第4講&第5講 >>

コトハナセミナー 東京第36クラス 第2講&第3講

梅雨入り前、雲ひとつない青空が見えた6月3日、東京第36クラスでは
第2講「恐れと劣等感をなくす」
第3講「落ち着きと自信を持つ」
が開講されました。

第1講から非常に活発で賑やかに始まった東京第36クラスですが、この日も朝からたくさんの笑顔のなか、第2講スタート!

まずは前回のおさらいで軽く自己紹介をした後、恒例の「握手競争」が始まりました。
この「握手競争」とは、短時間にどれだけの人と握手(挨拶)を交わすことができるのかを競うものですが、
なんと上位3名は、それぞれ18名、15名、14名もの方と握手を交わすという……、
東京36クラスの積極性が伺えた瞬間でした。

そして第2講の本題「子供時代に体験したこと」の発表が始まりました。

受講生の皆さんは、自身で準備してきたスピーチ(宿題)を、まずはお隣のパートナーを相手に練習します。
さらに、パートナーからご本人に感想をフィードバックしたり、パートナーを変えて何度かセッションを重ねるのですが、会場のあちこちから笑いが沸き起こったり、表情がリラックスしてゆくのが分かります。

------------------------
・病気になって逃げだしたくなったこと
・プールで泳げるようになったこと
・母の大切さに気付けたこと
・音楽コンクールでのこと
・自転車でコケた為、憧れのマイホームに引越しした初日は病院で過ごしたこと
・自分がいい加減なことをした時の、母の表情を見て感じたこと
・バレンタインの時のお菓子のこと
・おばあちゃんの家にあった自販機のお金(売上)を数えるのが楽しかったこと
・マラソンで頑張って賞をもらえたこと etc.
------------------------

 本番前に「何度か練習したこと」「フィードバック(意見)をもらえ、
それを反映したこと」によって、不安が払拭されたのか、
辛かったことも楽しかったことも、自信をもって堂々と子供時代をお話されていたのが印象的でした。

そして後半(午後)は、第3講「落ち着きと自信を持つ」です。

ビンゴゲームと伝言地図ゲームでウォーミングアップした後は、いよいよ「展示物」を使ってのスピーチです。
いわゆるこれは「百聞は一見に如かず」を体現・実感できるのですが、これまた東京36クラスの皆さんは素晴らしかったなぁ。

------------------------
・遠距離恋愛の時に交換し合った「本」
・自分の手にピッタリあう万年筆に出会った話
・カギがなくて自宅に入れなくなったエピソード
・夫との思い出のグイ飲み
・子供たちのお弁当のお話
・趣味のドラムの話
・大好きなアーティストのライブに行った時の思い出話
・辛いときに勇気づけられる本
・「妖怪検定」を持っているほどの資格マニアな話
・甲子園球児だった頃の自身のほろ苦い経験談 etc.
------------------------

 今もなお、こうして皆さんのお話が印象に残っているのは、アレの効果なんですね〜〜。
こうしてスピーチの極意や心構えを学ぶのが、コトハナセミナーです。

 第2講と第3講を通して、受講生の皆さんは自信を持ち始めたように感じます。
私はそんな皆さんから沢山の元気をもらったのと同時に、自信をもって行動することの素晴らしさを感じました。

 この調子と良い雰囲気をキープしたまま、次の第4講・第5講も頑張っていただき、もっともっと自信をつけて頂きたいですね。

 頑張れ〜!東京36クラスの皆さん!エイっ、エイっ、オー!

 コトハナ東京 GA こんどうたけお(Konta)
話し方、人間関係、コミュニケーション力、リーダーシップ力アップ講座は、コトハナセミナー
1996年に開校。東京、大阪、京都、神戸で開催中。
にほんブログ村 その他日記ブログ 挑戦・チャレンジへ
▲ポチっとクリック応援お願いします♪


at 09:00, コトハナセミナー, コトハナ東京第36クラス

-, -, - -