| HOME | コトハナセミナーとは | カリキュラム | スケジュール | 講師の紹介 | お申し込み | 公式ブログ | お問い合わせ |

<< 第9講「感動をあたえる」/コトハナセミナー・神戸第14クラス | 最新の日記 | コトハナセミナー京都第44クラス・第9講 >>

コトハナセミナー上海クラス2010開講

コトハナセミナー上海クラス2010が開講された。

日時2010年11月27日土曜日13時から18時
場所 上海:グランドメルキュール虹橋ホテル 2Fセミナー会場
参加者 31名(日本人30名・中国人1名)

コトハナ上海2010


GA(スタッフ)のオープニングにより、2回目のコトハナセミナー上海クラスが開講された。オーディエンス方式のいすの配置に緊張気味のクラス生、今から何が始まるのか、期待と不安の様子である。

コトハナ上海2010

まずは、ウォーミングアップ、仲良しビンゴでリラックスしてもらう。参加者が他の参加者の趣味や好きなものを聞いて、5つ揃ってビンゴになれば優勝。体を動かすことで、そして声をかけることで顔も笑顔になっていった。

次のセッションは他者紹介。GAのサンプルスピーチのあと、全員がペアになり1分間の他者紹介。皆さんメモを見ながら。相手の名前や特技を紹介する。相手に関心を持つことからコミュニケーションは始まる。相手に関心を持つことで、相手も自分に関心をもつ。そんな感覚がつかめたようであった。

休憩後、6人づつ5つのグループに別れ、子供時代のスピーチ開始。自分が体験した話なので自信をもって大きな声でそしてジェスチャーを使ってはなしていた。スピーチの楽しさを感じてもらえたと思う。

第2部は、中国に来てうれしかった話・悔しかった話・腹が立った話を即席スピーチ。
即席とは思えない臨場感と迫力のあるスピーチであった。

休憩後、今回のラストスピーチ。全員の前で一人ずつ展示物を使って印象に残った出来事のスピーチ。スピーチを練習するためには、実際に人前でスピーチすることが大切である。人前で話してはじめて目線や雰囲気を体験することが出来る。それを体験することによって何かを感じる。クラス生は緊張気味であったが、一生懸命にスピーチされていた。

話はテクニックではなく真面目に一生懸命はスピーチすれば相手に伝わると感じた。

今回は他者紹介を含め4回のスピーチを体験してもらった。急なスピーチでも、自分の体験談を基に考えれば話すことが出来ると感じてもらったと思う。

1回目のコトハナ上海クラスでスピーチの基本を理解し、話すことの楽しさを感じてもらい、

2回目では自分の体験した話から話題をつくる大切さ、そしてそうすれば、自信をもって話すことが出来ることを感じてもらったと思う。

この体験が今後の人生に活かせてもらえればうれしいのだが・・・

今回も上海クラスの開催に尽力してくれた、高田さん福原さん、そして日本から参加したGAの中東さん・清水さん、山内さん、佐野川谷さん、赤池さんに感謝したい。
ありがとうございました。
来年も上海でお会いしましょう。

コトハナ上海2010


中野
話し方、人間関係、コミュニケーション力、リーダーシップ力アップ講座は、コトハナセミナー
1996年に開校。東京、大阪、京都、神戸で開催中。
にほんブログ村 その他日記ブログ 挑戦・チャレンジへ
▲ポチっとクリック応援お願いします♪


at 15:55, コトハナセミナー, 上海セミナー

comments(0), trackbacks(0), - -

commnet









trackback
url:http://blog.kotohana.com/trackback/1055387