| HOME | コトハナセミナーとは | カリキュラム | スケジュール | 講師の紹介 | お申し込み | 公式ブログ | お問い合わせ |

<< コトハナセミナー神戸第13クラス・第1講「勇気を持つ」 | 最新の日記 | コトハナセミナー神戸第13クラス・第2講「恐れと劣等感をなくす」 >>

コトハナ東京第12クラス 第2講&第3講

5月最後の日曜日、コトハナ東京第12クラス 第2講&第3講
開講されました。

オープニングは『あ♪ラッキー』さんの、Happyな紹介に始まり、
ウォーミングアップ「握手大会」も大盛り上がり。

「同じ目的を持っていても、ちょっとしたことで成果が変わる」
という先生のコメント・・・
そのことをヒシと受けめ、これから始まるセミナーへの期待感が
しっかりと伝わってくる感性豊かな皆さんです。

そしていよいよ〜第2講 恐れと劣等感をなくす〜の開講です。

まずは、話し手聴き手のディスカッション。
「気になる話し手の話しかた」は、ホワイトボード1枚には書ききれないほど充実の話し合いでした。

その後、このクラスが始まって初めてのスピーチ。
ブラブセッションも大きな声、堂々とした印象・・・
お互いのスピーチを熱心に確認しあう姿に、既に感動ラブです。

どの方の「子供時代の思い出」も、情景の浮かぶ豊かな描写に、心を
揺り動かされるようでした。
トップの方から中盤のかたまでをご紹介致します。

◆洞窟に紛れ込んでしまい、暗闇の中で出会った「跳ねる物体」の
 不気味さ・・・(物体の正体は・・・カエル)
◆お父さんと訪れたゴルフ場で、ぬかるみにはまった車で握らされた
 ハンドル・・・
◆回転ジャングルジムでぐるぐる回しになり、つかまっていられなく
 なって転んでついたあだ名は・・・「コケ」
◆大雪が積もった中でお兄さんを追いかけて、おっこちた古井戸。
 救出劇のヒーローはお父さん!
◆初めての潮干狩り、あまりに熱中したあげくに迷子になり・・・
 発見されたあとは、握りしめ続けていたお母さんの手・・・
◆大好きな叔父さんと、おすし屋さんで大好物の「いくら」を頼んだのに   「とびっこ」が来て・・・。
「大人って・・・」と感じたおませな女の子のお話し・・・
◆お父さんと作った課題のジオラマ。
 学校でも大好評だったのに持ち帰るときに転んでしまい壊れてしまった。   
 でも「又作ればいいさ」と言ってくれた父の言葉。
◆小学校のカベ新聞の取材で感じた、未だに解決出来ない社会の問題
◆大好きだったバレーボール選手への思いに支えられ、全ての目標を
 達成した10代の私・・・
◆寝過ごし慌てて遅刻しそうな日に、電車とホームとの間に落ちそう
 なったこと
◆小さい頃住んでいた九州での大地震の体験。
 忘れられない、白カベに「びびっ」と入ったひび割れ・・・

・・・全てのスピーチが活き活きと、キラキラ結晶輝いていました。

そして、〜第3講は落ち着きと自信を持つ〜
展示物を使用し「説明し教える」又「印象に残ったこと」を伝えます。
又、この講では始めての「コトハナ賞」が発表されます。

先生から、そのことをお伝えし
「受賞の記念品があります。こちらです!」と紹介したときの
皆さんのリアクションが素晴らしい!

一斉に「お〜っ!」「え〜っ!」

なんと言う盛り上がり・・・

予想通り、全ての皆さんの話は、心を捉え、印象に残りました。
そんな中、初の受賞は・・・

絵本セラピスト Fさんのミニセラピー「待ってる」
・・・あなたにも、あなたのことを待ってる人が・・・というフレーズに、会場にいた全員がしばし空想にふける不思議な時間でした

2人のお子さんが小さい頃にもらった2つの優勝トロフィー。
特に2つ目の下のお子さんの優勝は、格別なものでしたね・・・

立ち仕事でのむくみ、疲れを癒す、とっておきの方法。
「なま足」実演で披露!美しいおみ足でございました〜

今回のクラスも、全員の皆様が「熱い」思いと、豊かな「感性」を秘めていらっしゃることを実感です。

沢山の感動を分かち合い、又、新たな学びと成長も期待出来る予感・・・

2週間後が待ち遠しいと感じられる充実した一日でした

コトハナ東京/あかねぇ
話し方、人間関係、コミュニケーション力、リーダーシップ力アップ講座は、コトハナセミナー
1996年に開校。東京、大阪、京都、神戸で開催中。
にほんブログ村 その他日記ブログ 挑戦・チャレンジへ
▲ポチっとクリック応援お願いします♪


at 23:59, コトハナセミナー, コトハナ東京第12クラス

-, -, - -